2010年10月27日

アルミ

kawakaze.jpg


悔しいことがあった。

人に対して…と思ってたら、

結局自分に戻ってきた。

ブーメランだな。

ぐさーっと。


人はたぶん、誰でも嘘をつく。

理由があって嘘をつく。

それは仕方がないことだ。

それを酷いと言えるかと言えば、

僕には言えない。

嘘をついたことがないかと言えば、それこそが嘘になる。

おかしな話だ

誰かとトラブりたくないとか、傷つけたくないなんて、

少しだけ思えばこそ

嘘をつくもんじゃないのか。


でも結局は嘘をつかねばならない行動を

嘘をつく人はとってしまったのだけど。

でも結局は嘘をつかれるきっかけを

嘘をつかれた人は、つくったのかもしれないのだけど。



嘘は悪いものじゃないのかもしれない。

嘘が教えてくれる事だっていっぱいあるから。

例えば…


嘘をついた人間だからこそ、思う何か。

嘘をつかれた人間だからこそ、気付く何か。

嘘をつかねばならない時に思う何か。

嘘をつかれたことを気づいた時に思う何か。

直後に思う何か。

時間がたって気付く何か。


本当に大切な何か。


嘘は裏切りじゃないよ。たぶん。

だから見抜いてしまった嘘に

のってみるんだよ。

それでいいのかもしれない。

一つの嘘なんて、

生きてる上で

大したことじゃないよ。

がっつり、

馬鹿みたいにだまされて

のっかって。

嘘つかれる方が、救いもあるよ。



この深い炭坑の中を、カナリアを一羽連れて

歩き回ったところで、

ガスに気づいても逃げ出せる距離にいないじゃないか。

もっと深く掘りたかったんだ。先に進みたかった。

そこに行くと、スゴいもんが採れるのはわかってた。

爆発するかもしれない。でも堀りたいと思った。

あきらかに元気がなくなってくカナリアを

泣きながら胸の前に持って、

それでも先に進んだことがある。

何度だって死んでいるかもしれない。

心は。

でもそこで一度死んで、見えたものは

びくびくしてたころよりもしっかりしていて

確かなものになってる。

それが、ハッピーにつながることだってあるんだ。





お酒買い込んで、

江戸川沿いで、しこたま飲んだ。

今日は寒すぎた。



飲みほすたびに缶を握りつぶしてた。

やらかすぎるよ、アルミ缶。

原始人の持ってる骨付き肉の、骨っぽくつぶしたい。



つぶしかたが悪かったか、

指を切ってた。



馬鹿なことしてるよ



ったく。







posted by 宇野伸茂 宇野正剛 at 11:57| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167341409

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。