2010年08月04日

山谷ブルースという歌があったらしい

kiritori.bmp



 山谷地区。

 僕がよく東京で泊まるホテルが在るエリアの“通称”。

 今は地名としては存在しない名前だから通称。

 少し年配の世代なら、駅名を言うよりわかりやすいみたい。


 「すごいトコに泊まってるんだね、ドヤ街だろ」

 日雇い労働者とホームレスのイメージが強い。


 初めて来たのは何年前だろ。

 男の僕でも少し怖かった。

 その当時、南千住駅の

 山谷側に降り立つと…街が全体的に‘こげ茶色’だった。


 だいたい駅自体が、江戸時代は処刑場だった場所。

 その近くにも、吉原で死んだ遊女が投げ込まれた寺もある。

 この場所がもつ雰囲気は、土地の過去を納得させる。


 駅のほど近くに

 ‘明日のジョー’でおなじみの‘泪橋(なみだばし)’がある。


 処刑場に行く罪人にとっては、橋を渡ることがこの世の別れ、

 罪人と家族がともに涙を流した橋。

 下に流れてたのは“思川(おもいがわ)”という名の川だった。


 今は橋じゃなくて交差点の名前でしかない。

 ホテルを出て、その交差点を通って駅に向かうとき、

 ちょっとだけ

 「くそっ、負けるか!」とか思ったりする。

 何に?というと…まぁそんなヘヴィーな状況もないんだけど。



 朝から晩まで、安そうな日本酒の臭いがする。



 夜は街頭も暗く、

 歩道ですれ違う人の、暗い威圧感がこわくて

 僕は車道を歩くことが多い。



 南千住駅の反対側はキレイな建物もたったし、

 サラリーマンや若者夫婦も少しは、住むようになり…。

 多少影響を受けて

 山谷も変わっていってる。


 一番この街のイメージを変えてくれたのは、外国人観光客だった。

 日本人より日本の歴史や文化を知ってて、

 ホテルに最低限の機能しか求めない、旅行上級者たち。


 恥ずかしいけど、僕はフランス人に

 日本史を説明してもらったことがある。ニホンゴで。


 あとは…アニメ好きの秋葉原好きオタク外国人。

 こげ茶色の街は、少し明るくなった。


 僕が泊まってるホテルはこのエリアでは上ランク?なので

 いたって清潔で安全。客はほとんど外国人。


 こげ茶色の街に住み続けてるのに、

 どこか品が漂うオーナーは、

 たまに会うと山谷のことを色々話してくれる。


 春は隅田川で花見をし、

 浅草に演芸や芝居を観に行き

 吉原に遊びに行く

 江戸時代の人たちは、刑場のあるこの近辺を、

 楽しそうにくるくる回っていたんだ。



 久々に山谷に戻ってきた。ら、

 夜中に物乞いにあった。

 「タ…タバコを1本くれ〜ッ」

 「ごめん、吸わない(本当は吸うけど、一回あげると大変)」

 「…」

 「…え?」

 「コーヒー、くれ〜ッ」

 タバコのあとに、まさか‘コーヒー’とくると思ってなかったので

 ちょっとうろたえた。

 無茶なアドリブを言われて、とっさに返せなかったようなもんだ。

 ふと僕のバッグを見ると、

 ボトルコーヒーのキャップが飛び出してた。

 そういうことかと。それじゃあ…って、

 いやいやいや…、

 あげてもいいけど

 間接キス(なつかしい)に…イヤ、

 あげたらもちろん、返しては貰わないけど

 そのおじさんにとっては間接キスで…

 僕には影響ない…ないな、うん。イヤ、

 でも僕の唾液はおじさんに行くワケだ…とか

 なんだか気持ち悪くなってきて

 「コーヒーないよ!」

 とまるで、アジア系外国人の店員さんみたいな‘返答’になった。

 足早にその場を逃げる僕の背中に


 「コーヒーあるよぉぉぉっ…」


 という、おじさんの大きな独り言がぶっささった。




あでも、僕が泊まってるホテルのスタッフの皆さんは

芸術家の卵や、ミュージシャンや、役者や…

そんな奴等を応援する、安い宿のある街として

この街を変えていきたいって。

いい街です。ほんとに。





追伸:

落とした携帯電話を諦めて、
同じ番号、同じメアドで復活させました。
posted by 宇野伸茂 宇野正剛 at 16:39| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
携帯電話・・出てきてないかなーと祈るような気持ちで数回ここへ来ていましたが・・
だめだったのですね・・
大切な人たちとは連絡再開できましたか?
ほんとうに、自分の一部になってしまったかのような携帯の存在に、少し恐れおののきます。

ところで山谷、そんな歴史があったのですね。
今度泊まるとき、暗闇が怖くなっちゃうかも(笑)
Posted by mafuyu at 2010年08月05日 19:57
>mafuyuさま

出てこなかったんですよねぇ。

僕、電源が入ってる間は探せる…っての知らなかったんです。
、まぁ知ってても劇場入りしてた状況では行けなかったのですが。

このブログを見て連絡くださった方と、
知らずにご自身の公演の案内をくださった人だけ
今のところ入手しました。

三谷、女性は最初抵抗あるかもですね。
南千住の三谷側でも、駅の近くにキレイ目なホテルが
ありますよ!泪橋交差点を過ぎるとちょっとディープ目
ですけどね。

ありがとうございます!




Posted by ウノ at 2010年08月14日 20:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/158446760

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。