2012年04月15日

ボンジュールしおり

120415_130645.jpg



この間、『自主映画の女王』と異名をとる女優さんから

たまたま聞いた話。


とあるフランス人の映画監督が、

日本人と結婚したらしいのだけど

もし、子供が女の子ならどんな名前をつける?という質問に対して

『しおり』という名前だけは絶対にイヤだ!という。



フランス語で

『しおり』という言葉は『ベッドでう○こをする行為』だから。と。

『しおり』という1ワードで、

そんなに細かい状況のう○こを指すコトバがあるはずないだろ…

一同はネタじゃないの?とか笑っていたが、

後で調べたらどうやら本当で。

寝小便ならぬ、ネ○ソみたいなもんらしい。




しおりって、響きのいい名前だし、漢字をあてても

“詩織”とか“栞”なんてモテそう?な名前だ。

末尾に『子』がつく、日本女子スタンダードな名前が少なくなってる今

意外と多いんじゃないかなぁ。




フランスでは、それで一つ単語ができるくらい

寝小便ならぬ、ネ○ソをヒンパンにするのだろうか?

寝ててつい…出るかなぁ…。

…校門のゆるい人たちなのだろうか(怒られるな)。



新婚旅行でフランスに行く日本人夫婦も居るだろう

シャンゼリゼ通りに沿ったカフェの前、

旦那が大きな声で『しおりっ』

と呼んだだけで…

戸田奈津子風の訳でいくと

『このネ○ソ野郎!』

と現地では聴こえることになるのか。

しおりちゃんは笑ってるのに、周りのフランス人女性からボコられそうだ。



フランス人の彼氏と付き合っている別の“しおりちゃん”は、

『しおりっ、愛してる!』とか

『しおりっ、良い香りだね!』とか、

『しおりっ、好きなだけ食べなさい!』など

愛の言葉?と名前を一緒に言ってもらえないかもしれない。



そんな

たまたまの

日本語--フランス語の同音異語?の悲劇。




あぁ。

“しおり”のせいだ。

う○この話でおわってしまった。



いや〜いくつになってもうん、この話は楽しい。










(ちなみに。仏イメージ強いがジェーンバーキンはイギリス人)
posted by 宇野伸茂 宇野正剛 at 12:33| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。