2011年04月25日

16分前

110311_070013.jpg


とある現場のリハーサルと衣装合わせが終わって

地下鉄早稲田駅近くをうろうろしてた。

14時半か…。中途半端な時間だったけど

せっかく学生街にいることだし、

“学生さんが行きつけにしている定食屋”さんに行ってみたい。

その“ククリ”には、大手チェーンの飲食店とは違う

どっか家庭的なウマさと安さと、人情なんかがあったりして…と勝手に妄想。



見た目が古ぼけてる…正直きたない、一軒の定食屋。

まるで昭和の理髪店のようなガラスの扉。黄ばんだショーケース。

食品サンプルは、カレー。とんカツ。焼肉…。

おぉ。“漢(おとこ)”を感じるバリエ。

ここかもな…。


よく喋るおじさんとおばさんがテンション高く迎えて…くれる

のがイメージだったが、

チキンカツ定食の食券を、アジア系の店員さんに渡して待つ。

…まぁ、それはいい。


音楽は流れていない。バラエティ番組が流れている。

天井に近く、高い位置に設置してあるアナログテレビは、

こういうトコには欠かせないものだ。


テーブルには『ご自由に…』ということであろうタクワンが、

ケミカルな黄色で容器からはみ出している。

外側にビラビラと1本2本へばりついてて、ヒルかナメクジみたいだ。

みんなもっと…キレイにとろうね。


作ってるのは親父さん…と他はアジア系店員さんが3人も居る。

昼食には中途半端な時間なのに、ひっきりなしに扉があく。

つまり、この店は繁盛している。



“オマタセ…シデシター”

ちゃんと言えてないけど、丁寧語が合体したこのかんじ、

接客の心としてOKだろう。




!…。



デカい…。

スーパーの、パック売りの鶏むね肉の塊の大きさ。のカツが2つ。

厚みも真ん中は3cm超えだ。

それに…ごはん。

手でつかんで誰かに投げつけたら、当たった場所が腫れそうな重量だ。

やわらかめの白飯を…こんなに押して盛ったら…重いって。


ムリかもしれん…。

学生街に浮かれてたな…しまった。

だがしかし…残したくない。食べ物を。

くそ。最近身体を絞り込んでいたのに。


隣で『○○定食大盛りで』と言いながら食券を店員にわたす男子。

『貴様、大盛りを食うのか』

と、心の中で軍人のようにつぶやきつつ。

そう、ここは“育ち盛り過ぎ?”の若者が集う学生街の定食屋なのだ。

“普通盛り”で、ひるんではいけない。



カツには何もかかってない。これはテーブルにあるソースを使えということか。

下に敷き詰められている、山盛りのきざみキャベツは嬉しい。こいつも、

『ドレッシングなんて、そんなコ洒落たものがあるワケないだろう、

その1本のソースで、カツと一緒にいけ』

という事だろう。 


よくドレッシングをかけずに野菜を食べたりするけど、

この少し乾き気味?の、大量のキャベツは後半きびしくなるかもな。

店員さんに何かないか聞いてみようか…

いや。

あるとしても、マヨネーズを“盛って”こられそうだ。

これ以上全体のバランスを濃くしてはならない。

それ以前に、マヨネーズはキャベツの乾きを潤すほど水分がない。むしろ、

一緒になって固体化していく気がする。


現状を受け入れよう。

『学生さん御用達の店』を望んだのは俺自身なのだ。


そう、いざという時のためにこの、蛍光に近い黄色のタクワンが居るじゃないか。

彼はこの店の“切り札”なのだ。どの定食を頼もうが、

ピンチの時には空気を変えてくれる個性派プレーヤー。


とりあえずチキンカツにいく。

味は…。揚げ物である。パワフルである。それ以上でも以下でもない。

後でネットで知ったが、この店は早稲田の学生さんから

『早稲田が誇る“三大油田”の内の一つ。』

と表現されていた。…さすがに頭の良い大学だ。 …油田て。


だが僕が味について言いづらいのは、

急いで食べているからだ。

満腹中枢が“何か”を感じはじめるその前に、

8割は食べないと無理だ。

重ねて…。食べ物を残すのがキライだ。


なんとか1つの塊を食べ、2個目にいこうとしたとき、




地震が来た。





アジア系店員達は仕事を放り出し、笑い、はしゃぎながら

店の外へ飛び出して行った。

揺れる天井を見ながら親父さんは、20人ほど居た客たちに言った。



『…出ようか…。古いしね…ビル。』



3月11日  14時46分。東京震度5。











写真は3月11日の朝、新宿。いい天気だった。
なんで撮ったのかわからないような写真。
posted by 宇野伸茂 宇野正剛 at 23:50| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。