2010年10月15日

テンシ

101007_165426.jpg


 天使の人形を買った。

 …人形というのかな、壁に吊すような前半分だけ立体的なもの。


 男でこのテのものを部屋に入れるのは、

 メルヘンチックでサブい気もするけど、

 実は、結構昔から天使というもんが好きだったりする。

 トイレに天使の線画を置いてたりする。

 ミック・イタヤという人のイラスト。


 大人の男か女の天使が好きだ。どっちかと言うと女かな。

 …? 天使に性別とかあったかな。

 つまり、語れるほどのマニアではない。

 顔が小さくて羽根が大きいのが好きだ。


 神様らしき存在を信じないので、矛盾してるみたいだけど、

 僕にとっては別モノ扱いである。


 単純に、人に羽根がついてる見た目が好きなのかもしれない。

 レッドツェッペリンの天使マークはカッコいいし。いつ見ても。




 大阪は本町に船場センタービルという、

 阪神高速の高架下にやたら長く東西に続いてる問屋街がある。


 繊維関係やアジア雑貨の店とかが多い。

 確か10号館まである中で、


 1号館…が一番きわどいモノを売っている。

 うすい紫のサングラスをかけてる“マダム”が好きそうな

 ヨーロッパ調の家具やら雑貨やらの店が数あり…


 そう、そういうマダムは小便小僧に似た顔の

 “子供”の天使が好きそうだ。 たぶん。


 モチーフが薔薇だらけで、店全体がピンク色になっている店もあれば、

 ゴシック系アニメに出てきそうなシャンデリアの店とか

 ステンドグラスの店とか。

 べネチアンマスクを売ってる店もある。

 どうでもいいけど、

 ベネチアンマスクはいつか欲しい。しかも何個か。

 別に、女性と変なプレイをしたいとかではなく、

 いや場合によっては変なプレイをしても良いのだが

 あざやかで、どっか怖いマスクにはひかれる。道化っぽいやつも。



 20cmくらいの天使がセールワゴンの隅に吊られていた。

 近づくと、

 「500円」

 安っ!と思ったら、

 タグに「わけあり」とマジックでかいてある。

 少しヒビが入ってる。

 し、片方の羽根に釘かなんかを刺したような穴が二カ所。

 汚れているし。


 「展示品です」

 …ん。そりゃそうだわな。…いやどんな展示をしたんだ。


 しかし…

 この痛々しくも、ぴりっと綺麗な顔した天使が

 妙に気になって仕方がなかった。

 …というなりゆき。



 天使って、架空の世界でも役割が

 ざっくりしてるよな。

 善いやつも悪いやつも居るパターンがあるし。

 どこか半分人間のような中途半端な、ね。



 ヒトが

 死ぬ前とか死んだ時に

 どっかへ連れてく…という登場。

 そんなかんじ。


 それ以上のことはたぶんしないだろう。

 死神とどう違うのだろう。



 歯ブラシでごしごしこすってキレイになった。

 乾かすために


 ベランダに吊って干した。


 本当は当たり前なんだろけど。

 空に浮いてる天使は。



 妙な気分だ。数分眺めた。


101007_164336.jpg
posted by 宇野伸茂 宇野正剛 at 00:55| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。