2009年08月28日

もとはといえば…う〜ん。

jyokoen.JPG


先週知人の関係で、とある芝居を観に行きました。

小劇場系の人はほぼ出てない、イベントっぽいもの。

…大きな屋外スペース。大阪の某観光名所の中の広場。

10代の子供達を含む、総勢50人近い大所帯。


お客さんはレジャーシートをゆったり広げ、

隣近所とも空けて座ってるのもあって、客席の真ん中でも

ステージまでかなりの距離がある。


演者の顔は“お米”みたいです…。

マイク越しの声もほそ〜く小さくて。

いや、クレームではなく状況説明ですよ。


だから…とりあえず…聴く。しかなかった。


僕の近くには…出演者の家族の方だろう、

お弁当なんか持って来て観てるワケです。

喋っても誰もとがめる雰囲気でもないし、

どこか、発表会的なかんじもするので、まぁ。


おばあちゃんらしき人が

『あの子…ドコに居るんやろか、小さぁて分からへん…』

しばらくして女の子の声。出演者の妹?

『アレやっ!右から5番目…たぶんアレや!』

判別つかない数十人の、

“右から5番目”を誰が追えるんだろう。…『たぶん』だし。

『はぁ。アレか…』

おばあちゃんは、さびしげに孫に応えていました。


僕はと言えば…。歴史モノだし話をつかむ為に必死で

しばらく“聴いて”はみたのですが。

…。


そうそう!この芝居の良いところは、

会場でビールを売ってるんですよ。

コレで集中出来るかも!?と思って飲みながら観てたら、

屋外でビールってのはいいですね。

すぐ飲みほして。

で、追加を買いに。


二本目をプシュッとあけたところで

暗闇から二人、僕に近づいて来た。

『すいませーん』

ふつうに反応して振り向いた瞬間、

『Can you speak English?』


『は?』と思うより前に、

…そう、前の日東京から帰って来た僕は

南千住のホテルぐせ?が出て、つい条件反射。

『ジャスタ、リルっ(Just a littleのつもりね』

テキトーなカタカナ的発音英語?が口からぽろっと。

彼等は外国人だった。女性二人。

暗かったし声が低いからわからなかった。


彼女たちは

オゥケーイ!と大はしゃぎしながら

『この場所(会場)から一番近くて、二人で泊まって、

一番安いホテルを教えて欲しい』…と。


知らないと言えば済んだのに

つい『携帯で調べれば?持ってるでしょ?』

と返事をしてしまった。

『カンジ(漢字)がわからない』

…そうだよね…。南アフリカ人だというし…。


で、あっ!…と。

さっきの僕の返事で

“携帯があれば調べる事が出来る”のがバレてしまい

僕に調べて欲しい、と言われてしまった。


…調べましたよ。仕方なく。

まさか僕の携帯から、初対面の外国人の為にネット予約を

するワケにもいかず、とりあえず電話してみて。

思えば…。その時僕は酔ってたのか、彼等にホテルの番号を

伝えりゃ終わったのに、自分でかけてしまい…


ホテルから質問が来る→僕が彼等に聞く→彼等が答える→
ホテルに伝える→


みたいな流れになって。


“一泊でいいのか?”“ベッドは二人一緒になるよ”
“一人3250円になると言ってるが?”“喫煙室で?”


何者なんだ、僕は。

コントじゃないが、彼等に日本語、ホテルにエセ英語?で

話しかけてしまったり、もう忙しくて。

奴らはそりゃ楽だよね、イエスとかOKとか言うだけで

ニコニコしながら僕の前に座ってんだから。


白人の男が一人近づいて来た。女の子が彼を指差す。

“彼が今日ホテルを探してる人、英会話の教師をやっている”


あそう。ん?。…えっ???


じゃあお前たちは何なんだ!

二人で泊まるってのはお前たちじゃないのかっ?

『女性2名』でホテルに話つけたっちうねん!安くさぁ。

え?“彼の住んでるトコには、彼女を(二人のうちの一人)

泊めれないから、友達の私が一緒にホテルを探してるの…”

って知らんわいっ!そんな事情っ。

そもそも今来たお前っ、教師なら多少日本語いけるだろがっ、

お前がホテルと喋れっ!と電話を渡して。


…いやいやいやいや、考えたらホテルは英語でいいやん!と。



はずかしっ。


ホテルのスタッフは僕の苦労をぜ〜ったい笑ってたはずだ。




その時。



どどんっ!! 




和太鼓の音が響く。


ぱちぱちぱちぱち…






芝居が終わりました。









○写真はその会場の裏側アタリ。夕方ごろ。
posted by 宇野伸茂 宇野正剛 at 22:36| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。